Angle

プレーンでありながらも端正に
それぞれのプレートの角度は、身につけた時のシルエットやバランスにこだわり
ピアスは左右どちらに身につけても違ったバランスで
楽しめるデザインになっています。